www.americasroleinrevelation.com

iPhoneを持つことに対するプレミア感について

iPhoneを持つことに対するプレミア感について

既に日本ではiPhoneを利用する方が50%以上になっています。日本のメーカーの商品ではないにもかかわらずこれはとんでもないシェアだと思います。これだけ周りでiPhoneを持つ方が増えてくると発売当初に比べればiPhoneを持つことのプレミア感や優越感はどんどん薄れてきているような気がします。
それでも、iPhoneの新機種が出るたびに日本ではどんどん売れることには秘密があるのではないでしょうか。
あくまで個人的な見解ですが、iPhoneはそもそもが直感的で使いやすいく、かっこいいと言う根本的なポリシーを持っています。
実際にいちどiPhoneを使い出した方が、アンドロイド端末に買い換える事は非常にレアなケースになっています。
要するにiPhoneは単なるブランド価値だけではなくユーザビリティーや使い勝手の面を見ても非常に優れていると言うことではないかと考えるわけです。実際にここ数年のiPhoneの進化はドラスティックなものはありませんがそれでも売れ続けています。これこそがまさに、iPhoneのユーザビリティーや使い勝手が非常に優れていると言うことになると思います。
もちろん、これからも同じような傾向が続くとは限りませんが、iPhoneは実際に使い勝手が良いスマートフォンの代表だと私は考えています。
考え込む前にコチラのアイフォンX ドコモをご覧になりませんか?


ホーム RSS購読 サイトマップ